パソコンの画面が映らない場合にすべきことは?電源が入らない起動しないときなどの対処法について

パソコンの画面が映らない場合にすべきことは?電源が入らない起動しないときなどの対処法についてPCコラム

ある日突然、昨日まで使えていたパソコンの電源が入らなかったり、画面が真っ黒いままという状況は、パソコンに詳しい人でなければ不安ばかり募る状況です。
パソコンを使って何かやることがある場合、特にそうかもしれません。
そんな時はどうすればよいのか、このページでお伝えしていければと思います。

まずは落ち着いて簡単なところからチェックしていく

最初にやることは冷静になることです。意外と大したことではないかもしれません。
下手に動いて状況を悪化させるのは避けたいところです。
とりあえず次の手順で見ていきましょう。

まずは電源周りの確認

デスクトップパソコンの場合

コンセントが差し込まれているか

最初はコンセントに電源ケーブルが差し込まれていないかを確認しましょう。またパソコン本体に電源ケーブルが差し込まれてているかを確認しましょう。
しかしたら、誰かがケーブルを引っかけて抜いてしまったり、掃除のときに掃除機でひっかけたのかもしれません。

ケーブルに問題がないか

ケーブルが差し込まれている場合は、ケーブルもしくはACアダプター自体に問題があることも考えられます。この場合、ケーブルやACアダプター新しいものに変えれば動く可能性が高いです。

電源タップに問題がないか

またパソコンやモニタなど複数の機器を電源タップ(複数のコンセントがあるタコ足配線をするための器具のこと)に差し込んでいる場合は、きちんとケーブルが差し込まれているかも確認しましょう。
電源タップにはコンセントごとにON/OFFがついている機種もあります。つないでいるコンセントが電源OFFになってないか確認しましょう。

消費電力が多すぎる

電源タップとケーブルに問題がなくても、電源タップの消費電力の上限を超えていて動かないということも考えられます。一時的につないでいるコンセントを外して確認してみましょう。

ノートパソコンの場合

ノートパソコンは本体とコンセントの間に、ACアダプターという四角くて小さい箱のような器具が存在します。ここの接続が抜けているせいで電源が入らないのかもしれません。
バッテリーを使えるノートパソコンの場合には、バッテリーに問題があり起動しないが、ACアダプターを使えば起動することがあるかもしれません。この場合、バッテリーに問題があります。

接続している周辺機器を全て外す

パソコンに接続されているマウスやプリンタが起動に悪さをしている場合があります。周辺機器は全て外してみましょう。
またパソコンにCDやDVDなどをセットしたままだったり、USBメモリを差し込んだままだったりした場合も、これらの記憶媒体(メディア)がパソコンに悪影響を及ぼしていることもあります。これらは全て外してしまいましょう。
確率は低いですが、パソコンが無事に起動した際、記憶媒体内のデータが消えてしまうこともあります。日ごろからバックアップはかかさないようにしましょう。

パソコンの放電をしてみる

パソコンを長時間を使った後に電源を切った時に、内部に余計な電気がたまり、そのせいで電源がつかないことがあります。
この症状を解決するには以下の手順が有効です。

デスクトップパソコンの場合

まず、パソコンにつながっているケーブルは全て抜いて、数分間放置しましょう。
そのあと、必要最低限の機器、電源ケーブルやマウス、キーボードだけ接続して電源を入れてみましょう。

ノートパソコンの場合

手順はデスクトップパソコンの時と同じですが、バッテリーを使っている場合はバッテリーも外しましょう。

室温を調整する

パソコンは0℃を切るような低温だったり、35℃以上の高温だったりする時には、起動できないことがあります。
パソコンの動作環境は温度10~35℃程度が目安となっており、エアコンなどで室温を調整してから電源を入れてみましょう。

そうじをしてみる

パソコンの内部は精密機器でいっぱいです。精密機器はほこりに弱く、ほこりがたまると電源が入らない場合があります。
ほこりがたまると温度上昇につながるため、ファンの近くにほこりがたまっている場合は取り除きましょう。
直接触ると電気が残っていて感電するリスクがあり、またそのせいでパソコンが故障することもあります。
エアダスターで吹き飛ばすか、ブラシを使うかして除去しましょう。

マザーボードはほこりに弱い

マザーボードはパソコンを動かす中核部分のパーツです。メモリーや拡張カード、キーボード、ディスプレイなどの周辺機器をマザーボードに接続することでパソコンが動きます。
このマザーボードがほこりに弱く、ほこりがたまって動作不良を起こす場合は、まずマザーボードが原因のことが多いです。
マザーボードが故障の原因の場合は、メーカーか修理業者に修理を依頼したほうがよいでしょう。

HDDやSSDが故障している

HDDやSSDはパソコンの起動をになっているOSを保存しておく機器です。これが故障しているとパソコンは起動しません。
HDDやSSDが故障している場合は、OSの入ったUSBやDVDを使って起動することが可能なはずです。
本当にHDDやSSDが故障しているのか試してみましょう。

電源ユニットが故障している

電源ユニットはパソコンの各パーツに電力を安定供給するための部品で、パソコン本体に取り付けられており、電源ユニットから電源ケーブルが伸びています。
電源ユニットに問題がある場合、完全に故障しきる前に、電源が切れやすくなったり、パソコンがフリーズしてしまったりといった前兆となる現象が起きることがあります。
このような症状が事前に出ていた場合は、電源ユニットの故障を疑った方が良いでしょう。
電源ユニットが故障している場合は、ケーブルをコンセントに差し込んでも電源は入りません。
交換はパソコンの知識がない場合は専門業者に頼んだほうがよいでしょう。

コンピューターウィルスに感染している

悪意を持って作られたプログラムはコンピューターウイルスと呼ばれ、これがパソコンに侵入することをウィルス感染といい、ウィルスがパソコンの起動を妨げることがあります。
ウィルス感染によってパソコンの電源が入らない場合は、ウィルス除去が専門の業者に修理を依頼するしかありません。
ウィルス感染を防ぐには、よく分からないファイルを開かないことや、セキュリティソフトをインストールするなどの対策があります。

モニターを疑ってみる

実はパソコンには問題がなくて、モニターが映っていないだけということも考えられます。

デスクトップの場合

別のモニターがあれば付け替えて試してみましょう。問題なく表示されるかもしれません。

ノートパソコンの場合

モニター接続端子やHDMIケーブルに別のモニタを接続してみましょう。別のモニターが問題なく映る場合は、液晶部分に問題があります。

パソコンの電源が入るのに動作しないとき

この場合の対処法は以下のページにまとめてあります。

タイトルとURLをコピーしました